さあ、信じられる日本へ。

「33年後のなんとなく、クリスタル」の予約注文が始まりました!

1981年1月に出版された「なんとなく、クリスタル」から33年。「33年後のなんとなく、クリスタル」が11月20日に発売されます。
Amazonでは早くも予約注文が受付開始されました。>>>Amazon
表紙はこちらです>>>click
日本の“黄昏”を予見したベストセラーから33年。80年に大学生、今は50代となった“彼女たち”の思いに迫る、話題騒然の長篇!
400字詰原稿用紙換算500枚の本文(「いまクリ」)に加えて、前作(「なんクリ」=「もとクリ」)とは趣向を変えた膨大な註も掲載の作品。
浅田彰、菊地成孔、斎藤美奈子、高橋源一郎、壇蜜、なかにし礼、浜矩子、福岡伸一、山田詠美、ロバート キャンベル 各氏絶賛!
推薦文はこちらから>>>click

「これほど深く、徹底的に、資本主義社会と対峙した小説を、ぼくは知らない。」と高橋源一郎氏が評した「なんクリ」=「もとクリ」の購入はこちらから>>> 新装版「なんとなく、クリスタル」河出文庫
Amazon文庫&Kindle版 >>>click

:-D New! 田中康夫 『33年後』に聞こえる音楽>>>click
・高橋氏の論評を始めとする「文藝」連載中の様々な反応はこちらで>>>click
・「ヤスオ」と共に作品に登場する「ロッタ」の御真影!>>>Lotta
・14/10/14・21 芸術的な装飾ケーキで“親馬鹿”満喫!愛娘の誕生日>>>週刊SPA!


14/11月号 田中康夫の新ニッポン論 ⑱「ロールシャッハ」◆月刊VERDAD ‐ベルダ‐

【14/11月号】⑱「ロールシャッハ」>>>PDF
★「田中康夫の新ニッポン論」他号掲載はこちら>>>


14/11/04・11合併特大号 抓みと鮨と酒精を味わう侮り難き逸軒。白金の慎み深き静謐な時空<すし龍尚>◆週刊SPA!

・vol.155 抓みと鮨と酒精を味わう侮り難き逸軒。白金の慎み深き静謐な時空>>>PDF


14/10/28 覚えておくべき酸辣湯麺の発祥地。赤坂の“隠れ家”料理店<榮林>◆週刊SPA!

・vol.154 覚えておくべき酸辣湯麺の発祥地。赤坂の“隠れ家”料理店>>>PDF


14/10/14・21 芸術的な装飾ケーキで“親馬鹿”満喫!愛娘の誕生日<銀座ピエスモンテ>◆週刊SPA!

・vol.153 芸術的な装飾ケーキで“親馬鹿”満喫!愛娘の誕生日>>>PDF
【関連資料】
・愛娘「ロッタ」!>>>Lotta
13/10/15・22合併特大号 「非日常的な世界」を愉しむ芸術作品の如き飾り菓子◆週刊SPA!
・カンティーヌ アリ・バブ>>>click
・飛行犬撮影所 的場伸幸氏>>>HP
・大ブーム「飛行犬」、愛犬生き生きドッグランの“一瞬”切り取る…淡路島発14000匹“飛行写真”の圧倒的可愛らしさ◆産経ニュース>>>click