「その「物語」、の物語。」の一覧

14/06/17 「山手」と「下町」が混在した、江戸改め東京の“強み”とは<菊見せんべい総本店>◆週刊SPA!

14/06/10 “地頭”で看破すべき拉致問題の深意<おかだ>◆週刊SPA!

14/06/03 “21世紀型既得権益”の不条理とは対極の“市場(いちば)人間主義”としての温性<魚真 乃木坂店>◆週刊SPA!

14/05/27 覇道の誘惑を排し、王道の気概を抱き続ける和菓子舗<空也>◆週刊SPA!

14/05/13・20合併特大号 麦とろ定食が絶品。路線バス旅行で訪れる、城南の台所的存在<大黒屋>◆週刊SPA!

14/04/29・05/06合併特大号 不条理にも階層社会を改めて顕在化させた、阪神淡路大震災<串揚げ あもん>◆週刊SPA!

14/04/22 タモリさんに「再現」された20代の苦甘い遣り取り<キャンティ飯倉本店>◆週刊SPA!

14/04/08・15合併特大号 「桜」を巡る攻防戦に欠かせぬ差し入れ。三十年近く前の苦甘い想い出<長命寺 桜もち 山本や >◆週刊SPA!

14/04/01 赤坂の名店「有識(ゆうそく)」の味を受け継ぐ、持ち帰り専門の寿司舗<赤坂 福槌>◆週刊SPA!

14/03/18・25合併特大号 欧州版と日本版は似て非なる代物。「ミシュランガイド」の二重基準(ダブルスタンダード)<尹家>◆週刊SPA!

14/03/11 巻き添えテロの「自爆史観」が「日本及び日本人」への信頼を毀損する<草思庵>◆週刊SPA!

14/03/04 豚肉を傷めず、旨味を引き出す。とんかつ好きに不可避な巡礼の地<燕楽>◆週刊SPA!

14/02/25 「戦後レジーム」の全否定は「国連体制」への“卓袱台返し”<松屋常盤>◆週刊SPA!

14/02/11・18合併特大号 目黒駅周辺の“入れ籠(いれこ)”構造に奥深きバーゼルの街を想う<鳥しき>◆週刊SPA!

14/02/04 人間を使い捨て、文化・伝統を“価値ゼロ”とする金融資本への異議申し立て◆週刊SPA!

14/01/28 両国の路地裏で愉しむ蕎麦の繊細な喉越し、重層的な味わい<江戸蕎麦ほそ川>◆週刊SPA!

14/01/14・21合併特大号 国境を接する地勢と歴史が醸した“平和”の混醸ワイン<ヴィーノ・デッラ・パーチェ>◆週刊SPA!

14/01/07新年合併特大号 豊富な料理、闊達な接客。陽気な空気。会話の弾む、毎日でも浸りたい台所<分店なかむら食堂>◆週刊SPA!

13/12/24 地名は先人の智恵と警鐘の隠喩。それを消しゆく“走狗官僚集権”の罪深さ<うまいぞお 乃木坂>◆週刊SPA!

13/12/17 嗚呼、素晴らしくも哀しき世界遺産<びのむ>◆週刊SPA!

13/12/10 「富国裕民」の心智を戴き、戦後日本を疾走した2人の“思想家”<ルカンケ>◆週刊SPA!

13/12/03 「自治の奪還」に向け現実路線を歩むダライ・ラマの戦略・戦術とは<天府>◆週刊SPA!

13/11/19・26合併特大号 正真正銘の伊勢海老とは何ぞや?フランスやイタリアの原産地呼称に学べ<招福楼>◆週刊SPA!

13/11/12 北海道の食材を活用した、純朴な志を貫くフレンチレストラン<ル ゴロワ>◆週刊SPA!

13/11/05 接待のみならず、法事、見合の席にも相応しい愛宕の精進料理<醍醐>◆週刊SPA!

13/10/29 渋谷の新しい“隠れ家”で味わう、繊細なフレンチカリフォルニアキュイジーヌ◆週刊SPA!

13/10/15・22合併特大号 「非日常的な世界」を愉しむ芸術作品の如き飾り菓子<銀座ピエスモンテ>◆週刊SPA!

13/10/08 超高齢社会で求められているのは小さくとも確かな目に見える「変化」<南青山 とんかつ 赤月>◆週刊SPA!

13/10/01 官僚支配の“お上”が今日まで続く日本を象徴した新国立競技場案<雑草家>◆週刊SPA!

13/09/17・24合併特大号 密かな聖地としての地歩を固めつつある洛北に登場した九州ラーメンの新星<龍の鈴>◆週刊SPA!