「その「物語」、の物語。」の一覧

13/09/10 四十余名もの陣容の愛情が醸し出す日本文化の凝縮<俵屋旅館>◆週刊SPA!

13/09/03 時流に迎合しない三十余年の矜持。慎ましやかな祇園の日本料理店<味舌>◆週刊SPA!

13/08/27 「国家百年の計」の哲学と気概を持った「公益資本主義」の具現化が求められている<百菜百味>◆週刊SPA!

13/08/13・20夏の合併特大号 泡沫経済時から原発爆発を予言していた黒沢明監督の洞察力< minas >◆週刊SPA!

13/08/06 大井川の伏流水で育った鰻の程よく繊細な脂の旨味<重箱>◆週刊SPA!

13/07/23・30合併特大号 「昭和」を感じる一廓に位置する、慨歎すべき日本料理店<赤坂とゝや魚新>◆週刊SPA!

13/07/16 「ノスタルギー」が味わえる東都随一のドイツ料理店<ツム・アインホルン>◆週刊SPA!

13/07/02・09合併特大号 簡素で高邁な志を保ち続ける温性高き「小体(こてい)」な食事処<お食事処さと>◆週刊SPA!

13/06/25 “禁煙・ワイン・ツブ貝”3条件を満たした、宿坊の趣漂う六本木の得難き居酒屋<はし本>◆週刊SPA!

13/06/18 閑静な住宅街の奥に佇む、「豚料理」が専門の質実剛健な仏料理店<ローブリュー>◆週刊SPA!

13/06/11 共に齢を重ねて30有余年。訪れる度に「名店再訪」の心境に浸るインド料理店<赤坂タージ>◆週刊SPA!

13/05/28・06/04合併特大号 厳選素材とアイディアが光る「フレンチ焼鳥」で暮れ泥む時間帯にグラスを傾ける喜び<フレンチ焼鳥とワインShaji>◆週刊SPA!

13/05/21 レアアースを基軸に、東アジアでハイテク産業共同体の構築を<雲南米線>◆週刊SPA!

13/05/14 凡百のレストランを凌駕する分量に、優れて「仏蘭西」を感じさせるビストロ<オー・コアン・ドゥ・フー>◆週刊SPA!

13/04/30・05/07合併特大号 電動化事業に取り組むテラモーターズへの期待<東京麻婆食堂>◆週刊SPA!

13/04/23 柔(バブリー)ではない、志高き真っ当なイタリア料理店<ペレグリーノ>◆週刊SPA!

13/04/09・16合併号 「留学生受け入れ」という米国の端倪すべからざる「トモダチ作戦」<中華香彩JASMINE>◆週刊SPA!

13/04/02 独立気質旺盛な地バスクで味わった3種のタパス<ラ・オリーバ>◆週刊SPA!

13/03/26 「日常食」を一人でも味わえる赤坂の台所的存在<分店なかむら食堂>◆週刊SPA!

13/03/19 「科学を信じて、技術を疑わず」状態から日本は脱却すべき<アミーテ>◆週刊SPA!

13/03/05・12合併号 農薬使用量世界一、遺伝子組み換え種子黙認etc.「日本最大の農業組織」が陥った自家撞着<フィッシュハウス・オイスターバー恵比寿東口店>◆週刊SPA!

13/02/26 日常食としての歴史を刻み続ける、薄味の汁が絶妙な「おでん」<大多福>◆週刊SPA!

13/02/19 アフリカの“食卓を囲む”流儀を今に伝える赤坂の名店<サファリ>◆週刊SPA!

13/02/05・12合併特大号 港区の“寒村”で味わう北イタリア郷土の温もり<エスプリメ>◆週刊SPA!

13/01/29 究極の脱・裁量行政であるBI(ベーシックインカム)とBW(ベーシックワーク)を全面導入せよ<ながら>◆週刊SPA!

13/01/22 “クールヘッド・ウォームハート”な戦略に基づく「支援」こそ国民益<スルターン>◆週刊SPA!

13/01/15 不可解な構造がいまだ残存、「脱ダム」と「脱・記者クラブ」への道は遙か遠く<菊乃井赤坂店>◆週刊SPA!

12/12/25 日本「改国」の訴えに賛同してくれた多くの尼っ子たちに心から感謝を ”盛り合わせ てっちゃん鍋”<やすもり>◆週刊SPA!

12/12/04 パリ以外の自治体で営まれる名店の如く大阪に屹立する侮り難きフランス料理店<ユニッソン・デ・クール>◆週刊SPA!

12/11/20・27合併特大号 有職、精進、懐石、お番菜が融合した京料理の得も言わぬ神髄<湖月>◆週刊SPA!<水菜鍋>◆週刊SPA!