12/07/19 あんたはいじめ問題評論家かよ◆日刊ゲンダイ

Pocket

連休明け17日付「日本経済新聞」大阪本社版には、前日に代々木公園で開催の「さようなら原発10万人集会」に関する記事が、1行も掲載されませんでした。東京本社版でも僅か19行のベタ記事扱いです。
日本で発行される新聞の中で最も紙面数が多い媒体は敢(あ)えて、「無視」を決め込んだのです。と記すや、マザーズやジャスダックも含めて3千社を優に超える、有象無象の上場企業の決算状況を子細漏らさず報じる同紙幹部は、嘯(うそぶ)くかも知れません。デモ行為は「経済」行為に非ず、と。
呵々(かか)。「社会」なくして「経済」は存在し得ません。正式名称に何故か「原子力」の3文字を冠さぬ関西電力大飯発電所を崩し的に再稼働させる「経済」と「政治」が、「民、信なくば立たず」の状況を生み出し、であればこそ、優に10万人を超える国民が自らの意思で、炎天下に集ったのです。
その代々木公園に隣接する日本放送協会は総合テレビで、「ノーベル賞作家の大江健三郎さんやルポライターの鎌田慧さんなどが呼び掛け人となって」、「主催者側の発表で凡(およ)そ17万人、警視庁に拠りますと凡(およ)そ7万5千人」「が運転再開の撤回や原発の廃炉を訴えました」と紹介しました。
未だ律義にNHKニュースを信奉し続ける、メールやツイッターとは無縁な善男善女は、以下の事実を知る由も無いのです。同じく「呼び掛け人」で「アカデミー賞音楽家の坂本龍一さん」が「子供を守りましょう。日本の国土を守りましょう」と、「齢九十歳なれど矍鑠(かくしゃく)たる作家の瀬戸内寂聴さん」が「冥土の土産に皆さんの姿を見たかった」と挨拶した光景を。
「労働組合や団体による動員に加えて、インターネットでの呼び掛けに応じて集まった人が大勢居た為に参加者が多くなったと見られています」とも伝えた“N何もH報じないK協会”の「隠喩」は、極めて戦略的です。直截に申し上げれば、一部の左巻(ひだりまき)な文化人や団体と、その言説に感化されたネット族の集会という矮小化した印象への“被爆誘導”です。
同じ16日、泥鰌(どじょう)・泥縄宰相はフジTVに“虐(いじ)め問題評論家”として生出演し、「見て見ぬ振りをしない。人間として大事なのは、自分が相手の立場になった時に、どう思うかという事です。その痛みを感じる心を持って貰わなければ」と反面教師な御高説を宣(のたま)いました。メルトダウンを防げず、その事実を隠した民主党政権は、自ら溶解(メルトダウン)への道を猪突猛進しています。